KUWATA CUP 2020 みんなのボウリング大会

KUWATA CUP 2020 みんなのボウリング大会

KUWATA CUP 2020→2021
~みんなのボウリング大会~
開催に向け再始動!!



全世界を混乱の渦に巻き込んだ新型コロナウイルスの感染拡大による未曾有の事態は、未だ予断を許さない状況が続いております。
スポーツに限らず様々な業界が大きな損害を被っていますが、それはボウリングも例外ではなく、一時は全国のボウリング場から一切の人影が消える事態に陥りました。
そして、コロナウイルスとの闘いは、今現在もなお続いています。

『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の「本大会」「準決勝・決勝」の開催は、断腸の思いではございましたが、コロナウイルス感染拡大の危険にいち早く対応する形で、2020年2月18日に開催中止のご案内をさせていただきました。
その後、現在までの期間、コロナウイルスの感染拡大や世の中の状況を見ながら、日程を調整し、順延開催の検討を重ねて参りました。
しかしながら、ジュニアからシニアまで幅広い世代の選手が、全国各地から東京の会場に集結して試合を行うことによる感染リスクを完全に回避することは難しいという点などを踏まえ、当初と同様のルール・条件下で実施することは、半年以上経過した今現在も困難であるという結論に至り、この度、『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の「本大会」「準決勝・決勝」の開催は改めて中止とさせていただきます。

しかし、「ボウリングの情熱を絶やさない!」「新時代のボウリング界の発展を加速させていきたい!」……そんな想いから、KUWATA CUP実行委員会では、ボウリングを愛する方や、ボウリング場の皆様の熱い思いを形にする『KUWATA CUP』としての新しい在り方として、ウィズコロナをイメージした大会の開催を、関係各所の皆様のご意見をいただきながら協議して参りました。
今だからこそ発想できる新しい競技参加形式を取り入れた『KUWATA CUP』を実現し、これまで以上にボウリングを楽しみながら、今こそ大切なコミュニケーションを活性化して人間関係を深めていただきたい! と考えております。

そこで、来年の『KUWATA CUP 2021』は、今年予定していた『KUWATA CUP 2020』をも組み込む形での開催とさせていただくことにいたしました。
形式は変われども、ボウリングへの想いは変わらない『KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~』を開催させていただきます!

『KUWATA CUP 2020→2021』では、選手のWEB登録システムを採用予定。自己成績のリアルタイムでの可視化を行い、ご参加いただいた皆様に、成績スコアと現時点での全国順位をいち早く把握していただけるような仕組みを考えております。

なお、『KUWATA CUP 2020』「本大会」への出場が確定していたアマチュアボウラー部門(ハウスボウラーの方)・競技ボウラー部門(マイボウラーの方)の選手の皆様には、部門ごとに一定のシード権(※)を付与させていただく予定です。

『KUWATA CUP 2020→2021』に関する詳細につきましては、2021年1月上旬にご案内、2021年1月中旬に大会スタートできるよう準備を進めております!

それまで、皆様どうかお身体ご自愛いただき、“ココロとカラダを鍛えながら”、楽しみにお待ちいただければ幸いです。
季節は巡り、スポーツの秋。
ぜひ、お近くのボウリング場にも足を運んでみてください!

そして、『KUWATA CUP』は新しくなった『KUWATA CUP 2020→2021』として、皆様にご参加いただける日を心より楽しみにしております。

さぁ、今こそ……。
“レッツゴー・ボウリング!!”


KUWATA CUP実行委員会



※シード権は下記を予定しておりますが、変更となる場合がございます。詳しくは大会の詳細とともにお知らせさせていただきますので、ご了承ください。
【アマチュアボウラー部門】『KUWATA CUP 2020』全国予選会の最終スコアを引き継ぎ、『KUWATA CUP 2020→2021』全国予選会の第1成績として認定予定
【競技ボウラー部門】『KUWATA CUP 2020→2021』全国予選会の1次予選を免除予定(2次予選まで実施予定)

Top Of Sports For Lifetime !!

みんなのボウリング大会!
「KUWATA CUP 2020」開催です!!
レッツゴーボウリング!

「KUWATA CUP 2020」開催に際し、まずは、昨年度の「KUWATA CUP 2019」にご参加いただきました多くの皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 「誰でもどこでも参加できるみんなのボウリング大会」を目指して立ち上がった前回は、全国で延べ30,000人を越えるという、非常にたくさんの方々にご参加いただき、この「KUWATA CUP」をこれまでにない熱いボウリング大会にすることができました。 初年度かつ、ボウリング界としても初の試みという中で、実行委員会として試行錯誤を繰り返しながらの大会運営となりましたが、その結果、改めてボウリングの奥深さを学ぶことができたように思います。 「KUWATA CUP 2019」では、小学校低学年のジュニアボウラーから、なんと80代の方までご参加いただき、「KUWATA CUP」のテーマである、ボウリングは「生涯スポーツ」ということを改めて実感させていただきました。またそこには、昨今SNSなどコミュニケーションの舞台が変わりつつある現代において、温もりのある「世代を超えたコミュニケーション」が生まれたように思います。そのような「KUWATA CUP」が作り出す光景は、北は北海道から南は沖縄まで、全都道府県で見ることができ、予選会開催期間中、全国のボウリング場で白熱したプレイが毎日行われたことは、まさに「地方創生」の一つの形に向けて、微力ながらも貢献ができたのではないかと感じております。
参加してくださった皆様にはもちろん、開催、運営にご尽力いただきました関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。

そんな皆様から、また2020年の「KUWATA CUP」開催希望のお声をたくさんいただきました!実行委員会としましても大変励みとなり、令和が幕を開け、新時代が到来した本年、昨年度に引き続き、更にたくさんの方々のご協力により「KUWATA CUP 2020」を開催いたします!

本年度の「KUWATA CUP 2020」は、昨年の2019年大会から更にスケール&パワーアップ! アマチュアボウラー部門には新たに「シニア枠」を加え、文字どおり小学生からシニアのみなさんまで、老若男女、より幅広い世代の方々にご参加いただきたいと思っております。 また、競技ボウラー部門に関しましては、参加できる場所や期間の幅を大きく拡げさせていただきました。 今大会も「生涯スポーツ」「世代を超えたコミュニケーション」「地方創生」そんな3つのテーマを引き続き掲げながら、よりたくさんのボウリングラバーのみなさんにご参加いただき、ボウリングをみんなで楽しめる大会を目指していきます!

2020年は奇しくも東京オリンピックが開催されます。 ボウリングは、現在、オリンピック種目には含まれていませんが、近い将来、正式なオリンピック競技種目として選ばれることを願い、今後もっと日本全国で愛され、さらには世界中が熱狂するスポーツ競技になってほしい、そのきっかけに、この「KUWATA CUP」がなることができればという願いを込めて。

「KUWATA CUP 2020」、今年も「みんな」で盛り上がりましょう!

全国各地でみなさんのご参加、心よりお待ちしております!

「KUWATA CUP 2020」とは!?

自らもボウリングをこよなく愛するプレイヤーのひとりである桑田佳祐の発案により、ボウリングを趣味として楽しんでいる多くのファンボウラー(アマチュアボウラー)、日々ボウリングを真剣にスポーツとして取り組んでいる競技ボウラー、そしてその卓越した能力でしのぎを削るプロボウラーが、そのボウリング愛を遺憾なく発揮し、みんなで楽しもう!という趣旨のもと、昨年度初開催された公益社団法人日本プロボウリング協会公認大会。

もっと見る
KUWATA CUP 2020 実行委員会

このたび、多くの方々のご尽力を頂きまして、昨年度に引き続き、「みんなのボウリング大会 KUWATA CUP 2020」を開催できることとなりました。ボウリングを愛する一ファンとして、大変嬉しく思っております。関係者の方々に深く感謝申し上げます。

昨年度、私は“自称:コミッショナー”として、KUWATA CUP決勝の舞台にも上がらせて頂き、そこで白熱した試合を拝見いたしましたが、ご参加頂いた選手の皆様の熱量、一投毎にほとばしる緊張感、そしてお集まり頂いた観客の皆様の興奮や歓声を肌で感じ、大いに感動いたしました。

今年度も、そんな大会が開催されることは、本当に夢のような話だと思っております。

「ボウリングは大人から子供まで楽しめる『生涯スポーツ』であり、レジャーであり、天候にも季節にもまったく影響されない国民的アクティビティである。」日々、ボウリングをプレイする中で、その思いはさらに強くなるばかりです。

私が健康でいられるのも、全国各地を巡らせていただいたツアーを始め、音楽活動に勤しむことができるのも、このボウリングがあってこそなのだと、日々のボウリングライフの中でひしひしと感じている今日この頃です。(何を隠そう、最近はアヴェレージ週3回ボウリング場に足を運んでおります(笑))

ボウリングを通じ、世代を越えたコミュニケーションが生まれたり、全国各地が元気になるきっかけにこの大会がなればこの上ない喜びです。みなさん、一緒にボウリングで盛り上がりましょう!

“ねぇ、ダーリン。私をボウリング場に連れてって”
オレでいいなら!!

桑田佳祐

[主催]
KUWATA CUP 2020 実行委員会
[共催]
公益社団法人日本プロボウリング協会 / 公益社団法人日本ボウリング場協会
[企画・制作]
KUWATA CUP 2020 実行委員会
[後援]
Sports Graphic Number
[協賛]
日本ハム / 第一三共ヘルスケア / ファイテン / シミズオクト / 金羊社 / LIVE DAM Ai / 渋谷ヒカリエ / Amazon Music / G-SHOCK / SOMPOホールディングス
[協力]
日本ボウリング機構
(公益社団法人日本プロボウリング協会・公益社団法人日本ボウリング場協会・
公益財団法人全日本ボウリング協会・一般社団法人全日本視覚障害者ボウリング協会・
日本ボウラーズ連盟・全国実業団ボウリング連盟・ジャパンレディースボウリングクラブ・
日本ボウリング商工会)
品川プリンスホテルボウリングセンター / 東京ポートボウル
渋谷ヒカリエ / 第一通信社 / アミューズ / ビクターエンタテインメント

TOKYO FM / AIR-G' (FM北海道) / FM青森 / FM岩手 / Date fm (FM仙台) / FM秋田 /
FM山形 / ふくしまFM / FM GUNMA / RADIO BERRY / FM-NIIGATA / FM長野 /
K-mix / FMとやま / FM石川 / FM福井 / @FM / FM岐阜 / FM三重 / FM滋賀 /
FM OH! (FM OSAKA) / Kiss FM KOBE / FM山陰 / FM岡山 / 広島FM / FM山口 /
FM香川 / FM愛媛 / FM徳島 / FM高知 / FM FUKUOKA / FM佐賀 / FM長崎 / FM熊本 /
FM大分 / FM宮崎 / FM鹿児島 / FM沖縄
FM NORTH WAVE / J-WAVE / FMヨコハマ / ZIP-FM / FM802 / FM COCOLO / α-STATION / CROSS FM
ウエス / GIP / FOB企画 / キョードー横浜 / サンデーフォークプロモーション /
キョードー大阪 / キャンディープロモーション / デューク / BEA / ピーエムエージェンシー
[運営協力]
インターグルーヴプロダクションズ
[公認]
公益社団法人日本プロボウリング協会
トップへ戻る